松浦さんの勇気を讃えたい

松浦亜弥さんが子宮内膜症で闘病中であることを公表した。
松浦ヲタにとっては、2006年10月の顎関節症によるコンサート中止以来の衝撃となった。

彼女には、自らの病気を公表したこと、そしてその病気と闘いながら、激しい運動を伴うコンサートなどの活動を続けてきた、その勇気、根性を讃えたい。
腹式呼吸でおなかに力のかかることが多いだけに、そのつらさは想像を絶する。それにもかかわらず、笑顔を絶やさずにきたというのは並大抵のことではない。

まずは治療に注力してもらいたい。そして症状が改善すること、そして完治することを心から祈りたい。

何故、今発表したのだろう

気になるのは、彼女が何故この時期に発表したのかということである。

彼女が公表をためらっていたのは間違いない。
自身のラジオ番組で「体調が悪くてもステージに立つ」と、プロとしての矜持を口にしていたこともあり、不調を表に出したくない意識は彼女の中で強かったと考えられる。
それに、「デリケートな問題」と彼女も書いている通り、女性としては言いづらかったのだろう。

しかし、ヲタとしては「もっと早く知りたかった」という気持ちはどうしてもぬぐえない。
コンサート活動を行なっていた時期は難しかっただろうが、2009年10月のコンサートツアー終了の時点や、その後のファンクラブ限定ライブで公表するなど、ヲタに伝えるタイミングはいくつもあったはずである。

コンサートツアーの終了、その後の活動の大幅な縮小は、ヲタにとってはとても残念なことであった。
週刊誌などにも活動縮小について憶測で書かれるなどして、タレントイメージが悪化してしまっていた。
また今年は彼女のデビュー10周年、そして25歳という記念すべき年であり、例年以上に活動を期待していたヲタは多かった。
事情を知っていれば、我々は彼女をいたわりつつ活動の再開を気長に待つこともできたし、無用な憶測を呼ぶことを抑えられたのではないか。

積極的な情報発信が何より求められる

今回の公表に限らず、事務所や彼女本人に対しては、情報発信の重要性を理解し、また積極的に情報を発信してもらいたい。

twitter(@matsuura_aya)は彼女がファンとの交流を楽しんでいるようで、積極的に利用されているが、ブログは長期にわたり放置されてしまっていた。
開設したからには、できる範囲において積極的に記事を投稿してもらいたいし、できないのであれば、初めから開設しない方がよい。
多くの人が目にするだけに、ブログが荒れている状態を放置することがどれだけイメージ低下につながるかを自覚してもらいたい。

彼女はブログに対しては消極的な姿勢を見せていた。
確かに、タレントがプライベートを公表することが全て正しいわけではないし、神秘性を保つためにあえて秘密を作っておくことは必要だろう。
しかし、メディアで見かけたり、ライブで生で見る機会が少ない現状では、ヲタは彼女が何をしているか、何に興味を持っているかを知りたいと思うのは当然のことである。

ブログとtwitterの両方の記事投稿が負担になるとするなら、twitterに集約したり、1回投稿したら両方に流れるようなシステムを導入するなど工夫して、彼女が楽しく投稿できて、ヲタは近況を知れて安心できるような情報発信を期待したい。

「AYAblog」、デイリーアクセスランキングで1位 里田まいを抜く

情報ソース:スタ☆ブロ スペシャブログランキング
http://blog.oricon.co.jp/_contents/recommend/ranking/?cat_id=u-blog

姐さんさすがや…。

サトタさんの援護射撃

話は大幅にかわりますが、

あややこと

松浦亜弥ちゃんが

わたしと同じスタブロさんで

blogを初めましたね。


情報ソース:訂正とあやや里田まい里田米
http://blog.oricon.co.jp/satodamai/archive/991/0

まぁ、2位の人が紹介すりゃそりゃアクセスも稼げるよなぁw

松浦亜弥、ライブツアーは「しばらくやらない予定」 ブログで明かす

詳しくは
LIVEでお話ししたいなと思っていますが、

しばらく「LIVEツアー」はやらないつもりです。少な
くても2、3年は、と考えています。

ここ3年くらいのんびりと音楽活動をしてきました
が、今年の冬からはできるだけたくさんの歌を、曲を
作品として皆さんに届けられるように、レコーディン
グなど製作することに集中したいんです☆


情報ソース:初blog☆:AYAblog - 松浦亜弥オフィシャルブログ - スタ☆ブロ -
http://blog.oricon.co.jp/ayablog/archive/3/0

秋ツアー前にこれはへこむわ…。
規模縮小でもいいから続けてほしい。

松浦亜弥、ブログを開設「AYAblog」

AYAblog - 松浦亜弥オフィシャルブログ - スタ☆ブロ -
http://blog.oricon.co.jp/ayablog/

ブログ開設おめでとうございます
「更新しなきゃ…」と思うと負担になって続かないので、まぁのんびりと続けてもらえればと思います。

松浦亜弥 Special Live 2008 at STB139に参戦

セットリスト(ネタバレ防止のためヒントのみ)

1.(ダブル レインボウ収録曲)
2.(カバー曲、オリジナルは2000年発表)
3.(シングル曲)
4.(シングル曲) ※歌詞飛ばしのため2コーラスからやり直しあり
5.(シングル曲)
6.(シングル曲)
7.(竹内まりやのカバー曲)
8.(カバー曲、オリジナルは1989年発表)
9.(新曲!その1 2009年2月発売予定アルバムに収録の可能性)
10.(新曲!その2 2009年2月発売予定アルバムに収録の可能性)
11.(カバー曲、オリジナルは1982年発表)

アンコール
12.(Naked Songs収録曲)

<エルダークラブ全員卒業>「アイドル卒業」の手続きが整備された

大きくなったハロプロの分割は必然

今日発表されたハロー!プロジェクトの「エルダークラブ」、つまりモーニング娘。OGやソロメンバらの「年上組」がハロプロを卒業することが発表された。

今回のハロプロの事実上の「分割」は「エルダークラブ」(エルダーと略す)と「ワンダフルハーツ」(同ワンダ)のグループ分けができた2006年からの流れの中では必然といえ、今回のエルダー卒業は驚きはあったが「来るべき時が来た」との見方が強い。
また、最近のハロプロの動向を見ても明らかに「ワンダ」を優先しており、卒業はむしろ「実態に合わせた」ともいえよう。

エルダーメンバに「ハロプロ」は要らなくなった

総勢68名というこの大所帯は「ハロプロ」の名の下、メンバやユニット間の連帯感を高めてきた。そしてそれらのパワーが一体となれば大きな力となった。
一方、特にエルダーに所属するメンバの活動にとって必ずしも「ハロプロ」の肩書きは必要なものではなく、むしろそれが邪魔となることすらあった。
それは「アイドルとして見られ続けること」である。

ハロプロがアイドルグループであることは誰もが納得する事実である。しかし、エルダーメンバの中には我々が「アイドル」と呼ぶこと、また本人がそう呼ばれることに違和感を感じる場合もあった。

今回の卒業によって、各メンバらが「アイドル」の負の部分を脱ぎ去り、身軽になって新たな世界にいきいきと飛び込んでいくことを期待したい。

リストラの動きが加速するか

ハロプロ以外でも、AKB48ではオリジナルメンバ5名を11月で卒業させる一方、同グループ最年長の大堀恵をセクシー路線で売り出すなどしている。

アイドルグループは若さこそが最大の売りであり、常にメンバの新陳代謝を進めることが求められる。
新しいメンバを入れることは比較的容易だが、一方で年上のメンバの処遇は難しい。
それまでアイドルとして活動してきたメンバに新たな売りを見つけさせ、また教育することは多額のコストがかかり、しかも成功するとは限らないからだ。
だが、メンバをリストラすることは、そのメンバを熱心に応援するファンを悲しませ、顧客を失うことにもなるため、思い切ったリストラに踏み切れない場合もあった。

今回の卒業によってハロプロは大幅に若返るが、卒業したメンバは引き続き同じ事務所に所属するため、事務所としては「社内の人事異動」でしかない。
ただ、ハロプロの枠を出ることによって、他事務所への移籍などが行ないやすくなると考えられるため、本格的な動きは卒業前後に出てくると予想される。

今後の動きを注視するとともに、それらの人事がメンバにとって最良であることであることを願いたい。

「エルダークラブ」が2009年3月に全員ハロプロを卒業へ

ハロー!プロジェクトに関するお知らせ

拝啓
皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、1998年2月の結成より活動してまいりましたハロー!プロジェクトですが、今年で10年が過ぎ、現在はエルダークラブワンダフルハーツの2つのグループに分かれて活動し、ハロー!プロジェクト全体では総勢68名が所属しております。
この度、そのハロー!プロジェクトエルダークラブに所属しているメンバー(以下)が、2009年3月31日をもちまして、「ハロー!プロジェクト」を卒業することになりました。
卒業後はそれぞれの活動を行っていきます。
今後も、ご支援の程何卒宜しくお願いします。

エルダークラブ所属メンバー
モーニング娘。OG(中澤裕子飯田圭織安倍なつみ保田圭矢口真里石川梨華吉澤ひとみ辻希美紺野あさ美小川麻琴藤本美貴
稲葉貴子里田まい(カントリー娘。)・メロン記念日前田有紀松浦亜弥三好絵梨香岡田唯音楽ガッタス

なお、上記メンバーがハロー!プロジェクトエルダークラブとして出演するコンサートは、2009年1月31日(土)及び2月1日(日)横浜アリーナで行われる「Hello!Project 2009 Winter 決定!ハロ☆プロ アワード ’09 〜エルダークラブ卒業記念スペシャル〜」で最後になります。

敬具

平成20年10月19日
株式会社アップフロントエージェンシー
代表取締役社長 持田 陽司

つんく♂からのコメントはコチラ
中澤裕子からのコメントはコチラ
→オフィシャルファンクラブ“Hello! Project”会員の皆様へお知らせ


情報ソース:Hello!Project -Official Site-
ハロー!プロジェクトに関するお知らせ

ついにこの日が来たか、という印象。

本ぶろぐのタグ分けが生きる時がきた

本ぶろぐでは「あやや」「ハロプロ」のタグ(分類)を使用してきたが、あやや単独の記事の場合は「ハロプロ」タグを付けない、つまり同レベルのタグとしてきた。

これはあややハロプロを卒業した時を想定したタグの使い方だったのだが、このタグ付けが生きる時が来たのかと思うと感慨深い。

続きを読む